アシスタントインストラクター・コース

コース名 アシスタントインストラクター・コース
プライス ¥170,000~
教材 1.ガイドトゥティーチング 2.OWDクイズ&エグザム 3.REDエグザム 4.DMエグザム 5.水中キューカード (CW用・6枚、OW用5枚) 6.CWレッスン準備スレート 7.OWトレーニングダイブレッスン 8.計画スレート 9.法律とダイビング10.ADVキューカード 11.REDキューカード
参加資格 18歳以上
持ち物 ●今までのCカードすべて●水着 ●着替え ●タオル ●昼食代 ●カラー写真(縦4cm×横3cm) ※ スナップ写真の切り抜き可(顔が1円玉サイズのもので、脱帽)

アシスタント・インストラクターコース(AIコース)は、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップです。 DMでは出来ない、生徒を教える技術を学んでいただきます。

ダイビングコースへのお申込みはこちらのフォームより!

お申込み

コース内容

AIになって出来ること

  1. 体験ダイビング(DSD)を限定水域で単独で実施できる
  2. PADIシールチーム・アクアミッションを単独で実施できる
  3. インストラクターの指示の下でピークパフォーマンスボイヤンシー・SPを教えられる
  4. プロジェクトAWARE・SPを単独で教えられる
  5. AWARE珊瑚の保護・SPを単独で教えられる
  6. インストラクターの間接監督の下で各コースの知識開発を教えられる
  7. インストラクターの直接監督の下で限定水域の講習ができる
  8. インストラクターの間接監督の下で、OWDのOW水面スキルの評価ができる
  9. PADIシールチーム・アクアミッションを単独で実施できる
  10. ノンダイビングSPIトレーニングコース終了後それを実施し認定する

最短4日間(eラーニング受講者は最短2日間)

<プライス>
定価   ¥200,000-の所
キャンペーン価格で¥190,000-

リピーター価格(5回目以降)
¥170,000-

※教材を先送りし事前にて自宅学習して頂いております。
ただし、送料は着払いとなります。
※事前学習ご希望の場合、教材費のみお振込(\60,000-)いただいてからの発送となります。
※器材レンタル必要な方は別途器材レンタル代がかかります。
※ GW,8,9月は通常価格 となります。

<認定条件>
1.18歳以上であること。
2.ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、
ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
3.認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。
4.過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
5.病歴/診断書

 

<タイムスケジュール>
<1日目>
・コース・オリエンテーション (1.5h)
・ビジネス・オブ・ダイビング(オンライン)(オプション) (1.5h)
・学習、インストラクター、PADIシステム(オンライン) (1h)
・一般規準と手続き(オンラインバージョン) (1h)
○ 限定水域での講習 (2h)
○ スキル・デモンストレーション・ワークショップ(および800mスイム) (1.5h)
<2日目>
○ 限定水域講習プレゼンテーション1 (2h)
・PADIスペシャルティ・ダイバー・コースを教える(オンライン) (2h)
・ダイビングのマーケティング(オンライン) (2h)
・知識開発プレゼンテーション (2h)
・オープンウォーター・ダイブの実施 (2h)
<3日目>
・知識開発講習プレゼンテーション1 (1h)
・4 つのE のカウンセリング・ワークショップ1 (1h)
・スタート・ダイビング(オンラインバージョン) (1h)
・リスク・マネジメント(オンラインバージョン) (0.5h)
○ 限定水域講習プレゼンテーション2 (2h)
・規準エグザム
<4日目>
● オープンウォーター講習プレゼンテーション(およびレスキュー評価) (3h)
○ ディスカバー・スクーバ・ダイビング・ワークショップ(オプション) (2h)
・知識開発講習プレゼンテーション2 (3h)
・キープ・ダイビング(オンラインバージョン)(オプション) (1h)

備考
○→限定水域講習(プールor海の限定水域) ●→海洋講習  ・印→クラスルーム
(オンライン)→eラーニング申し込みの場合、自宅学習可能(別料金、事前に必ず橋本までお問合せください)
(オプション)→ご希望で行います。

<必要な物>
候補生の用意するもの

・器材一式 (水深計 コンパス 残圧計含む)
・ナイフ
・シグナルフロート
・水中で音の出るもの (指示棒可)
・時計(ダイブコンピュータで代用する場合は水中で秒が見れるもの)
・ホイッスル
・ポケットマスク
・水中で使う手袋
・電卓
(他の推奨 ミニライト 鏡 マスク曇り止め)

・筆記用具(鉛筆 消しゴム ボールペン マーカー ノートまたはメモ帳)
鉛筆は水中で無くすので、複数必要。短めでBより濃いものが使いやすい

ダイビングコースへのお申込みはこちらのフォームより!

お申込み