ダイブマスター・コース

サチ
実践的なトレーニングを積むプロフェッショナル養成プログラム。
ファン ダイブのガイドや認定後5回体験のアシストの経験を積むと ディスカバー・スクーバ・リーダー(体験ダイビングが開催できます)など インストラクターを目指す方の入り口となるコースです。

PADdm教材教材内容

  1. ダイブマスター・マニュアル
  2. PADIプロバッグ
  3. エンサイクロペディア
  4. ナレッジワークブック
  5. インストラクターマニュアル
  6. DSDインストラクター用キューカード
  7. DMスレートセット
  8. ダイブマスター・DVD
  9. エデュケーションログ(プロ)
  10. eRDP ML
参加資格
18歳以上
ログブックに記録された40ダイブ経験者
PADIレスキュー・ダイバー以上
あるいは、同等資格以上
※他団体の方はお問い合わせ下さい。
認定条件
2年以内のエマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア・二次ケアの修了
プライス

定価   ¥180,000-
認定時にPADI年会費・申請代 ¥21,000を含んだ価格となっています
(DMマニュアル,PADIプロバッグ,エンサイクロペディア,ナレッジワークブック,インストラクターマニュアル,DSDインストラクター用キューカード,DMスレートセット,ダイブマスター・DVD、エデュケーションログ(プロ),eRDP ML含む)
の所
キャンペーン価格で¥170,000-

リピーター価格(5回目以降)
¥150,000-

※教材を先送りし事前にて自宅学習して頂いております。
ただし、送料は着払いとなります。
※事前学習ご希望の場合、教材費のみお振込(¥60,000-)いただいてからの発送となります。
※器材レンタル必要な方は別途器材レンタル代がかかります。
※GW,8,9月は通常価格となります。

ポイント
那覇シーサイドパーク・奥武島
Cカード取得までの流れ
※ハードスケジュールの為 講習内容が大きく変動する場合があります。
※時間に余裕のある方は6日間~の滞在をお勧めしています。

  1. お問い合わせ/お申し込み
  2. SMILEでダイビングライセンスを取得することが決まったら、予約をしましょう! お電話かWeb予約フォームからご予約ください。

    ※昼間は海に出ていることが多いため、お電話は夕方以降(18:00~)におかけください!

  3. 学科の事前学習
  4. 予約が完了したら、教材費のみお振込いただいき、ダイビングライセンス取得コース(ダイブマスター・コース) の教材セットをご自宅に郵送します。イメージトレーニング用のDVDを見て、マニュアルを使って事前学習をしましょう! 職業としてのダイビングに必要な知識を習得します。沖縄に着いてからの学科講習にかかる時間を短縮することができます。 通勤中や休みの日など、時間を見つけて自分のペースで進めていきましょう。
    沖縄にご到着の前日夕方に、SHOPより集合時間などのご連絡をさせて頂きます。

    事前に自宅にて、ナレッジ・レビューを 完成させてもらいます。

  5. <1日目>
  6. 沖縄に到着したらいよいよライセンス取得コースがスタート!那覇市内のホテルまで無料送迎を行っております。
    ファイナルエグザムは75%以上で合格です!
    泳力テストを行い、プロとしての基礎的な体力を養います。

    ・コース・オリエンテーション
    ・知識開発
    dm講習

    ○緊急アシスト・プラン作成
    ○ファイナル・エグザム(9科目)
    ・水中スキルとスタミナ・モジュール
    ○400m水泳   ○800mスノーケル泳
    ○15分立ち泳ぎ ○100mダイバー曳行
    レスキュー評価

  7. <2日目>
  8. 実際の海で様々な講習テクニックやガイドテクニックやグループの管理技術などダイブマスターとしての役割と資質について学びます。スキルトレーニングで習得したスキルはこの後のトレーニングでも応用していきますので、しっかり練習しましょう!

    現場トレーニング実習 (アシスト)
    ○CW(限定水域)-オープン・ウォーター・ダイバー
    ●OW(海洋実習)-オープン・ウォーター・ダイバー
    DM講習2
    デモンストレーション・レベルのスキル
    ○マスク脱着
    ○20スキル評価
    器材交換

  9. <3日目>
  10. 実際にツアーに同行してインストラクターに変わって一部デモンストレーション形式の実習を行います。「ダイバーの見本」としての行動を生徒ダイバーに見せましょう!

    現場トレーニング実習 (アシスト)
    ●オープン・ウォーター認定ダイバー
    ●オープン・ウォーター継続教育コース
    DM講習3
    ●水中地図の作製の課題

  11. <4日目>
  12. 現場でのトレーニング実習(認定ダイバーおよび継続教育コースアシスト練習と実施)

    ダイブマスターが実施するプログラム
    ☆ワークショップ
    ●PADIディスカバースクーバダイビングプログラム(限定水域・OW)
    ●PADIディスカバーローカルダイビング
    DM認定
    ・限定水域でのスクーバ・リビュー
    ・スキンダイバー・コースとスノーケリングの監督

  13. <5日目>
認定まであと一歩! 限定水域でのスクーバーリビュープログラム編成と実施

●サーチ&リカバリーのシナリオ
●ディープダイビングのシナリオ

※●の部分が1ダイブ扱いとなります。

プロとしての登竜門!!ダイビングを楽しむ立場から、ダイビングの楽しさを伝える立場になりましたね♪ 沖縄にはまだまだたくさんの素晴らしいダイビングポイントがありますので、またのご来店を 心よりお待ちしております☆
※Cカードは2週間ほどでご自宅へ郵送されてきます!
必要なもの
候補生の用意するもの

・器材一式 (水深計 コンパス 残圧計含む)
・ナイフ
・シグナルフロート
・水中で音の出るもの (指示棒可)
・時計(ダイブコンピュータで代用する場合は水中で秒が見れるもの)
・ホイッスル
・ポケットマスク
・水中で使う手袋
・電卓
(他の推奨 ミニライト 鏡 マスク曇り止め)

・筆記用具(鉛筆 消しゴム ボールペン マーカー ノートまたはメモ帳)
鉛筆は水中で無くすので、複数必要。短めでBより濃いものが使いやすい

●今までのCカードすべて●水着 ●着替え ●タオル ●昼食代 ●カラー写真(縦4cm×横3cm)
※ スナップ写真の切り抜き可(顔が1円玉サイズのもので、脱帽)