マスターインストラクター・コース

サチ
マスター・インストラクターはPADIダイバー教育システムを熟知し、すべてのプログラムとコースを実施した経験を持つ、最も経験豊かなPADIインストラクター資格です。

マスター・インストラクターの役割

  1. アシスタント・インストラクター・コースを単独で実施することができる。
  2. PADIコース・ディレクターの監督下で、IDCのお手伝いができる。
  3. PADIインストラクターレベルの継続教育プログラムをアシストすることができる。
参加資格
PADI IDCスタッフインストラクター 資格取得者
・PADI OWSI に認定されて2年以上たっていること。
・PADI のセミナーやアップデートに3回以上出席していること。
・EFRを10名以上認定していること。
・現在の年度においてPADIインストラクターとして更新済みでティーチング・ステータスであること。
・現在PADI IDCスタッフ・インストラクターであること。
・PADI JAPANの保険に加入していること。
認定条件
150名のPADIダイバー認定のコースとなります。 
PADI アドバンス以上の ダイバーを50名以上認定すること。
PADIスペシャルティダイバー  15名以上
PADIレスキューダイバー 5名以上
PADIダイブ・マスター 5名以上
PADIアシスタント・インストラクター 5名以上
PADI OWSI に認定されて2年以上たっていること。
PADI のセミナーやアップデートに3回以上出席していること。
EFRを10名以上認定していること。
プライス
150名認定まで 定価 ¥200,000-
の所キャンペーン価格で
¥180,000-


※器材レンタル必要な方は別途器材レンタル代がかかります。
※GW(4/28~5/5)、8月、9月
期間はキャンペーン料金に+10,000円となります

必要なもの
候補生の用意するもの

・器材一式 (水深計 コンパス 残圧計含む)
・ナイフ
・シグナルフロート
・水中で音の出るもの (指示棒可)
・時計(ダイブコンピュータで代用する場合は水中で秒が見れるもの)
・ホイッスル
・ポケットマスク
・水中で使う手袋
・電卓
(他の推奨 ミニライト 鏡 マスク曇り止め)

・筆記用具(鉛筆 消しゴム ボールペン マーカー ノートまたはメモ帳)
鉛筆は水中で無くすので、複数必要。短めでBより濃いものが使いやすい

●今までのCカードすべて●水着 ●着替え ●タオル ●昼食代 ●カラー写真(縦4cm×横3cm)
※ スナップ写真の切り抜き可(顔が1円玉サイズのもので、脱帽)